無言館

みなさんこんにちは。不定期更新ブログつれづれ、有志の会のP(ぴー)子です。

 

2015年の秋の終わりに、K(けー)ちゃんと2人で信州上田に行ってきました。

 

車で行くなら、菅平ICから30分ほど走ったところに、古安曽という本当にのどかな、静かな田園地帯が広がります。

 

そこには信濃デッサン館と戦没画学生慰霊無言館があります。


こちらの写真はちょうどかりんが沢山色づいて、ぶどうのハッパも色とりどりで、落ち着いた季節で、けーちゃんがいろいろ撮ってくれたものの一部です。

 

 

ここにまだ行ったことがない方がいらしたら、いちどは是非ご訪問をオススメします。若くして亡くなった画家や画学生の作品が沢山展示されています。ぴー子は建物に入るなり号泣しちゃうんじゃないかって想像してたのですが、そういうことはなくて、全部の作品をゆっくり、ゆっくり、落ち着いて観る事ができました。

 

建物全体からくるきちんと感というか、えりの先までアイロンがかかっているような、それでいてあったかいものに覆われているようなやさしさというか、とにかく、哀しいところなんだけどきちんと向き合っていつまでもいたいような空気が流れていましたよ。

 

(つづく)